スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

「厨房で逢いましょう」@京都シネマ

JUGEMテーマ:日記・一般

思っていたのとはちょっと違う映画でした。

ワタシが思っていたのは・・・
腕は超一流だけど人付き合いが悪い(ひきこもりの)ため、
認めてもらえてない天才シェフが、
偶然に出会った、妊娠中に子供に障害があるとわかって離縁された女の人を
料理で癒しながら、一緒にレストランを開いて〜大成功♪
というハッピー(というか能天気?)なお話・・・・
だったのですが・・・

まず、違った点。
女の人は幸せな家庭を持っていました。が、ちょっと今、倦怠期。
家族で経営するホテルでレストランの給仕をしてます。
ふとしたきっかけで、彼女の子供のためにケーキを持ってくるグレゴア。
そのプラリネを食べた途端、彼女は彼の料理のトリコに。

ここで、悲しいズレが生じてしまいます。
グレゴアは彼女エデンに対して恋情を抱いてますが、エデンは料理に恋して、
グレゴアに対しては「友達」だと。
目的は、料理なのか?って観てました。

明らかに自分に好意を持っているとわかる男の人を利用するのは、
いかがなものかと。
料理で官能的な気分になって、ダンナさんとラブラブになるって?
グレゴアさんからすると、その無邪気さが残酷で、無神経に見えます。
ええ、ワタシ、思いっきりグレゴアさんに感情移入して観てましたね。

彼女の夫、といいますか、男の嫉妬って見苦しいですね。
妻が浮気をしているのでは、と疑うのは仕方ないとしても、その後、自分の家庭を
壊さないよう町から出て行ってくれと泣いて懇願したり、ワインセラーを壊したり。
だから、ああなるのも仕方ないだろうですが。

その中で救いは、ちょっと笑えるところ。
滑稽がこの映画のちょっとしたスパイス。

こんな話の展開になるとは、ちっとも思わなかった「厨房で逢いましょう」でした。
ちょっと後味、ほろ苦かも。



映画 | comments(5) | trackbacks(81)

「オリヲン座からの招待状」@TOHOシネマズ二条

うす曇の中、しっとりした映画を観てきました。

昭和30年代なかばに対する郷愁感は、わたしにとってはメディアによって
刷り込まれたものでしかないけれど、最近の映画には希少といってもいいほど
「感謝の気持ち」あふれる映画でした。

「おおきに」オリヲン座。

近所の山中油店がでてきたり、オリヲン座が千本日活やらで、観ていて楽しかったです。
けれども、ストーリーは映画のチラシ裏のあらすじのまんまでしたわ・・・・
映画 | comments(0) | trackbacks(0)

「パーフェクトストレンジャー」@TOHOシネマズ二条

すこしばかり期待はずれになるんではないだろうか・・・という
一抹の不安が、正直なかったとはいえないこの映画。
観始めたときも内容がいまいち掴みきれず、なにか疎外感を抱きながらの鑑賞と
なりました。

映画のオープニング、詐欺まがいの取材によってスクープを取る主人公、
そのスクープが政治家の圧力によりもみ消され、彼女は仕事を辞めてしまう。
その帰り地下鉄で幼なじみに会う。
幼なじみがネットで知り合い、不倫の仲になった広告会社の社長に
近頃会ってくれなくなったから、今から会いに行くところだ、と聞く。
そして、その一週間後、幼なじみは変死体で発見される。

広告代理店社長を、ブルース・ウィリスがにやけた感じで好演。
主人公の相棒役の方も、粘着気質的な変態ストーカーを見事に演じてました。

最後の最後まで、私には犯人がわからず、ラスト7分“!!!”でした。
ラストから考えると、オープニングからの事件がいちいちなるほどと納得。
期待しなかったおかげで、久しぶりに興奮して眠れない映画を観たのでした。

映画 | comments(0) | trackbacks(0)

「ミス・ポター」@TOHOシネマズ二条

あぁ、観れてよかったですな。きれいな英国の風景。
目の保養になりました。

そして、ミス・ポターの人生というよりも、
あの出版会社の三男の人生って・・・(自粛)


実は、もうすぐ1ヶ月フリーパスの6000マイルが貯まります。
そういう意味でも観れてよかったです。
映画 | comments(0) | trackbacks(0)

「めがね」@京都シネマ

今週は、ファーストデイ&レディースデイがあって、きゃあ何観よう、どうしよう、
とひとり盛り上がっていたら
・・・突然、用事が勃発。

月曜日のファーストデイ、火曜日のマイレージデイ、水曜日のレディースデイ
三日間TOHO映画館連続鑑賞計画を断念せざるを得ませんでした。

そんなわけで、4日木曜日、やっと今週映画見れました。
「めがね」。
ひとことでいうと、不思議な映画でした。
のんびりしてる人たちを、のんびり眺めているという・・・

きっと「たそがれる」のが得意な人は映画と同じく「たそがれ」て
心の中のさざなみがゆうらゆうら、心地よい感じになるのでしょう。
もし、心に余裕のない状態だったとしても、なんだかリゾートに来た気分になって
そんなに急ぐことはないなぁーと思い直すかもしれません。
勤勉さの象徴である「めがね」を題名にしているのだから。

どちらかというと前作の「かもめ食堂」のほうが物語性もあって、
凛としたものを持ってた気がしますが、どっちがどうというよりも
こんなに空気が感じられて、そっと心に寄り添うような映画は、貴重な気がします。

そして、空腹でのご鑑賞は避けられますように、ご通知いたします。
映画 | comments(0) | trackbacks(0)

「恋とスフレと娘とわたし」@京都シネマ

原題は「Because I said so」だそうで、
「わたしの言うことは絶対よ!」という意味なのだそう。
いい恋愛相手に恵まれない三人娘の末っ子のハハ、ダイアン・キートン扮する
主人公の口癖です。

あー、こんなお母さんが自分のお母さんだったら、絶対イヤダなぁーというほどの
かまいっぷり。
娘の恋愛相手をネット広告で募集して、自分で面接してお膳立てするんだよ!
だけど、自分に似て、不器用で、いつも辛い思いをしている娘を目の前にして
黙ってみてられない!ハハ親なんですもの!

そんな私も子ども(息子だけど、まだ7歳だけど)に対して、
もしかしたらこんなふうに接しているかも・・・とも
思ったりして、(でもやっぱり嫌だと思う)娘と
(なんとか幸せになって欲しい)ハハの気持ちで見ていました。

実際、劇場には母娘で観に来られてる二人連れや、
ダイアン・キートンと同じくらいの世代の方が、時間帯的に多くいらっしゃって、
いろいろ共感されるところも多々おありのようで、鼻をすするような場面も・・・
しかし、基本的にはラブコメディなので、ハッピィな気持ちになれます。


映画 | comments(0) | trackbacks(0)

「さらば、ベルリン」@TOHOシネマズ二条

んーどうなんでしょうねぇ、と、思わず長嶋さんになってしまう、この演出方法。
メロドラマなのかなぁーと観に行ったら、わたしの予想を裏切るサスペンスでした。

フツーに(現代的な演出方法で)観てたら、きっと手に汗握る映画になっていた
と思われるストーリーが、音楽も演出もなにもかも昔風なので
悠長な感じになってしまっている気がして・・・

それでも、かなり見せる映画です。
最後までクールなケイト・ブランシェットが素敵です。
映画 | comments(0) | trackbacks(0)

「アーサーとミニモイの不思議な国」@TOHOシネマズ二条

土曜日、子ども二人と一緒に行ってきました。「アーサーとミニモイ」
オットがいないので、三連休ヒマだったのです。

最初、乗り気でなかった、しかもお昼過ぎで眠気に襲われていた子どもたちですが、
最後までなんとか観てましたよ。
そういう意味でも、目が離せないシーンの連続で、続きが気になるようにできてて、
最初の小物があとで活躍するというよくできたお話でもあって、なかなかの映画でした。

アーサーとミニモイ王国の王女さま(ちょっと目がつりあがってて、
ミラ・ジョボヴィッチに似てる!)
との恋愛などもありまして、すこし大人向き?かしら。
キスシーンなどありまして、幼稚園年長さんの次男は「?」でしたが、
小学校2年生の長男はニヤニヤしてました。(横目で反応を見てしまったわ、母は)

大人も子どもも楽しめるファンタジー映画です。
映画 | comments(0) | trackbacks(0)

「ワルボロ」@TOHOシネマズ二条

14日、行って参りました。「ワルボロ」!
いやぁー私的には、松田翔太くんのリーゼント、かっこよかったです。
オットに「結構、松田翔太好きなんだよねー」と告白すると、
「信じられん」と言われたんですが・・・ストライクゾーン広がったんですか、私。
(といいますか、単に気が多いだけなんですが・・・)
でも、もっとかっこいい人が・・・

ヤッコ役のフクシ君!
パンチパーマ似合ってました。寡黙で意思を貫き通すヤッコを素敵に演じてます。

ストーリーとしては、人それぞれ感じ方があるでしょうが、友情モノとして
よい映画だと思いました。ちょっと涙ぐんだりして。
私たち30代半ば世代には懐かしい80年代の不良モノです。
仲村トオルさんがヤクザのおじさん役で、出ておりました。

一緒に行ったお友達のコメントは「パッチギよりもコクがない感じ」と
仰られてました。「パッチギ」が濃すぎる方に、どうぞ!
映画 | comments(0) | trackbacks(0)

6月に観た映画

★「ザ・シューター」
クールに仕事しております。狙った標的は外しません。
相棒をなくした男が、陰謀に巻き込まれます。勧善懲悪、仕事人です。

★「華麗なる恋の舞台で」
サマセット・モーム原作の映画。
ラストがめちゃめちゃかっこいい。女優って女優って。
それに、もぉ、この変人夫婦っ。(意味不明)

★「キサラギ」
ワンシュチュエーションもの、舞台をみているようなライブ感。
ユースケ・サンタマリアがハンドルネームで「オダ・ユージ」って名乗ってるんだもん。
塚地さん、香川さんとなかなか達者な俳優さんたちの創り出す場の緊張感が
いい感じ。今月イチオシの映画です。

★「ゾディアック」
ジェイク・ギレンホールが好きでねぇ、ま、彼を観に行ったようなものです。
全米を震撼させた40年近く前の連続殺人事件。
その事件によって人生を狂わせられた人々のヒューマンドラマともなるのかな。

★「憑神」
無難な主役より際物な脇役がすきな私としましては、蔵之介さんブラボーでした。
吐血しながら寝ぼけてる(いや、錯乱してるのか)とか、
お艶ちゃんがご飯食べている背後で、コマ送りに悶えてるのとか、芸が細かいなぁ。

★「プレステージ」
TVCMの華やかな明るいショウがメインなストーリーと思って観に行くと、
がっかりします。全く逆。(でも、ワタシは暗い話もすきなの。OKよん)
二人の天才マジシャンの全くどうしようもない確執メインの
「観客が観たくもない、知りたくもない、タネあかし」なお話。
最後にサプライズが!!えーーー。


★「300」
男度100%なコミック映画。(と勝手にネーミング)
見終わった後、自分の眉毛が極太に、肉体がムキムキに・・・
そんな錯覚にあなたはとらわれることでしょう。
それにしても、ペルシアの王様、あんたなんでそんなにデカイねん。
(ラオウか?!)
残酷な場面が多いですが、マンガだマンガ!と思い込めばOKでした。


★「パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド」
シリーズ3作目ですが、初めて見ました。
ジャック・スパロウ、みんなが好きになるのもわかるねー
1作目から観よう!
映画 | comments(0) | trackbacks(0)